【速報!】M-1グランプリ2018決勝の優勝者は霜降り明星!

2018年12月2日(日)に行われましたM-1グランプリ2018決勝の優勝者は霜降り明星に決定いたしました!霜降り明星さんおめでとうございます!
この記事ではM-1グランプリ2018決勝の結果、披露されたネタ、審査員の点数とコメントにつきまして詳しく紹介いたします。

審査員はこの7名!

M-1グランプリ2018の審査員は下記の7名で行われました。( )内はM-1グランプリで審査員を務めた回数です。

審査員7名
オール巨人(6回目)
松本人志(12回目)
上沼恵美子(6回目)
中川家・礼二(4回目)
富澤たけし(2回目)
立川志らく(初)
塙宣之(初)

決勝ファーストラウンド

1. 見取り図

ネタ

結婚したい

審査員の点数

合計:606点

審査員のコメント

前半が古いです。私がやってた頃の…ところが後半でガッと行きましたから、後半のあの調子で行ってほしかったなと思うの。時間が足りなかったな。惜しい。88はわたし本当は86と思ってたんだけど、トップバッターだからちょっと色をつけさせていただきました。あがらないってすごい。
そこまでウケてなかったかな…もうちょっと笑い欲しかったかな…
まがたまとかおもしろいワードいっぱいあったんですけど、他のもうちょっとほしかったかなって。
最初聞いてるうちは新しさがないからこれは50点くらいつけようかと思ったんですけど、マルコ牧師で70点まで跳ね上がって、スダユリコで85点まで上がりました。
トップバッターだったんで、好みだと思うんですけど横の意識しかなくてもっと縦のお客さんとの立体感があればよかったかなと思います。
トップにしたら結構出来よかったんかなと思って。トップ僕もやったことあるんで気持ちわかるちょっと多めで。
ちょっと波があったように思いますね。ネタフリ。あれ今の何?ってなったときお客さんちょっと引くんですよ。そこらへん最後出てくるんですけど、もうあと一個一個のネタフリがもう3つのとこ2つくらいにまとまればよかったんちゃうかなと思いますけどね。

 

2. スーパーマラドーナ

ネタ

隣人

審査員の点数

合計:617点

審査員のコメント

絶対入るときはおもしろいわー期待できたわ。やってみようって言って。どんな展開になるのかなって。ウキウキしたの。だから頭はもう頑張れって感じだったんだけど、後半グシャっとしたわ。悪いけど後半になるほど。知ってて好きやから言わせてもらうけど。でも田中よう喋れるようなったな。ネタがむつかしかった。
なんかちょっとサイコ強めかな…もうちょっと…笑いまで持っていけてなかったかな…でもラストイヤーやったんや。ラストイヤーでなんでそんな暗いネタすんねん!
僕けっこうサイコ系のネタが好きですけど、結構前半に笑いが来て後半にもっと笑いが欲しかったかなって。
毎年すごい難しい設定をおもしろくするっていうのがスーパーマラドーナなので、それをまた期待しちゃったっていう。後半がちょっと失速しちゃったかなっていう。

3. かまいたち

ネタ

タイムマシン

審査員の点数

合計点:636点

審査員のコメント

もう達者ですね。あのぉー、プロやなぁと思いました。みなさんプロなんですけど。やっぱりクオリティが高い。うまい。
そうですよね。かまいたちのいたち多めでよかったかなって。かまの部分が少なめでいたちの部分が少なかったよね。
後半にかけて盛り上がって言ってるし、人間2人のおもしろかさが出てたからいいなって思いました。
ものすごくうまいし、おもしろいし、ただあのうまさを感じすぎてしまったんで、本当におもしろいすごい漫才師こちらにいらっしゃいますけど(審査員席を指して)、うまさとか感じないですよね。とにかくおもしろいすごい!っていうだけで、うまさの前には魅力っていうのが現れたら太刀打ちできないんですよ。だからすごいうまいって思ってしまった。だからさっきの猟奇的な奴の方が(スーパーマラドーナのネタの方が)発想としてはすごいなと思ってしまったんで。
やっぱりパワーバランスとか、凄いいいですし、あとずっとおもしろいことを言うレールにかかってる感じがかまいたちってするんですよ。だからやっぱり好みなんで僕は点数上がっちゃいました。

4. ジャルジャル

ネタ

国名分けっこ

審査員の点数

合計点:648点

審査員のコメント

フラんといて。ジャルジャルのファンなんですが、ネタは嫌いや。次回作るときは大変やと思うし、ごめんね。
いや僕はおもしろかったかな。なんか途中屁こいてしまいました。屁こいてもうたからね。屁こいてもうたもんだって。
ずっと今も頭んなかでゼンチンて残ってます。ジャルジャルは毎回ほんとおもしろくて。あとなんか2人の人間力が出てくれるともっとこう…最強になんのになって。そうですね。なんかマシーンを見てるような感じがするんで。
実はわたしずっと見てて、一つも笑えなかったんですよ。だけどもものすごいおもしろかった。だからこれがプロの芸人を笑わせる芸なのかなと感心して。プロのゲラゲラ笑うようなのってのはそんなおもしろくないです本当は。でも頭のなかめちゃくちゃおもしろかったんです。だから最初ただふざけてるだけでくだらねえなと思ってたんだけど、だんだんこのノリはね、昔のコント55号を思わせるような感じにもなってきて。私はこのとんだ漫才にものすごい惹かれましたね。
ゲームの説明をしないで、だんだんお客さんと一緒になってわかってくっていうのが理想的な展開だったなと思って。
でもまあ4組目で、ジャルジャルがおそらく一番ウケたんちゃうかなっていう。単純な判断で。過去何回かM-1出て、この形を変えなかった頑固さが凄いなって。
何がおもろいんかわからなかったんですけどおもしろかったです。なんやろな。漫才ってそんな批評するもんではないんでしょうけどね、おもしろかった。ほんでそのー、長いことやってるからまだ続けるんかい思たらそっからおもろなるねんね。継続の笑いみたいな。非常におもしろかって、昔はその志らくさんも仰ってましたけど、天丼というやり方があって同じことやってくっていうその変形的なもんで、でもわけわからへんけどおもろかった。

5. ギャロップ

ネタ

コンパ

審査員の点数

合計点:614点

審査員のコメント

(塙さんと)まったく同じ意見です。4分のネタではなかった。なんか落ち着いて寄席(よせ)見に来て、これから15分楽しくなるやろなっていう。惜しいな。ちょっと場所負けしたかな。
僕もだいたいみなさんとおんなじですかね。あと林君ですかね。いうほどハゲてないからね。
見ててすごいおじさんの安心感はあったんですけど、なんかデザイナーとかあの辺もおもしろかったんですけど爆発はしなかったかなっていう。
おそらく広い劇場でのんびり見てるとおもしろいんだろうけど、テレビサイズで、時折こっちのモニタで見てたんだけど、ハゲ方があんまりおもしろくないんですよね。遠くて見てるとおもしろいけど近くで見るとどこにでもいるハゲだなって。
そうですね。ギャロップもスーパーマラドーナも一緒に漫才をやっていく仲間っていう感じはするんですけど、M-1の4分の筋肉が使いきれてなかったかなという感じがします。
いやいいネタやと思うんですけどね。最初のツカミから入っていって。あのずっとやり取りが一辺倒なんですよね。そのかけあいだけなんで、たとえばそのハゲでなんかそのたとえで動いてみるとかそういう変化が欲しかったかなと思います。
なんでこのネタやったんかなと思う。今年の最初からすごいええ漫才やってはったんですよ。これはひょっとしたらダークホースナンバーワンかなと思ってました。もっとおもろいネタいっぱいあります。劇場でめっちゃウケてるんですよ。僕はすごい買ってたんですけどね。ちょっと盛り上がりに欠けましたね。なんでこれしたん。ほんまに彼らの漫才もっとおもろいです。これだけ言うときます。

6. ゆにばーす

ネタ

遊園地

審査員の点数

合計点:594点

審査員のコメント

そうですねやっぱりこのコンビはツカミが大事やと思うんですけど、ツカミがうまくいかなかったので、もういかにも6位って感じですよね。絵に描いたような6位。
全然悪いネタじゃないんですけど、単発単発になってしまったのかなと。もうちょっと途中が欲しかったかなっていうのはありますね。
出てきた感じとか見た目とか声の雰囲気とかものすごいおもしろい感じがするんだけど、それほどでもなかったのかなと。まあでもはらさんの方は放っておいてもテレビで売れるんじゃないですか。その代わりでも漫才は別れちゃだめですよ。絶対に。
意外と期待してたんですけど、なんかちょっと爆発せえへんかったなって。遊園地行くまでもね、なんか大きい笑いがあれば楽に入れたかもしれないんですけど、ちょっとうまくいかなかったのかなと。
ちょっとあの、ツカミからあんまりうまいことつかめなかったなと。ちょっと噛んだとこもあって色々あったんですけど設定も無理あったかもわかりませんね。申し訳ないけど頭から僕ら「反吐(へど)」とかいわれると「ん?」とちょっと引いてしまうところがあるんですよ。僕はあのー、川瀬君の笑いのセンスめっちゃ買うてるんですけど、ちょっとやっぱり考えすぎかなと思います。途中からはら君がコントになって喋ってるとこありましたね。あっちの喋りの方がええんちゃうかなと思い出しました。それで漫才やった方がええんちゃうかなって。

7. ミキ

ネタ

ジャニーズに履歴書送った

審査員の点数

合計点:638

審査員のコメント

別にひいきしてるわけじゃないんですよ。でファンだな。ギャロップの自虐とは違ってお兄ちゃんのは突き抜けてる。その力の差がある。私はフアンだなミキの。ごめんね。林君とは違うねん。林君は暗いねん。お兄ちゃんの自虐は突き抜けて芸になってる。人徳がある。だから決勝に出てほしかった。
なんか今日の空気に合ってる漫才だなと。だからしゃべくりがいいのかなっていう気はしましたけどね。
そうですね。人間のおもしろさっていうのもあったし、頭からトップギアで駆け抜けた感じでよかったと思います。
おそらく今日やった漫才のなかでは一番素晴らしいし、今後30年、40年漫才師として生きているのはおそらくこの漫才師だろうと思います。ただもっとこうなんか新しいものをトーン!とこう欲しいですね。心が揺れるくらいの、もうこの発想は我々には到底及びもつかないというような新しいものがあったらば10点くらい上乗せはします。
僕は若いのにこのテンポが出せるのが凄いと思いますよ。
ここ数年見たなかで今日の出来は一番良かったんじゃないかなと。(去年より)良かったと思います。
いやもううまいよね。いっつも劇場で聞いてもうまいなって思て僕らもできへんな思うくらい上手いときありますから。今日も抜群にうまかった。ただ、このネタ話題だけでこれだけ喋れるってやっぱり力なかったら無理です。ここで志らく師匠がおっしゃったように、なんかものすごいおもしろいネタ、びっくりするようなネタ・話題を彼らにやらしたら100近いかもわからん。ただ2本目聞いたとしてやかましいと感じひんかったらええねんけどね。

8. トム・ブラウン

ネタ

中島っくす

審査員の点数

合計点:633点

審査員のコメント

もう大熱演。感動しました。ただちょっと未来のお笑いっていう感じかな。私には年だからついていけないわ。ごめんなさいね。あのー、おもしろかった。どんどん上がっていったもん。やっぱ盛り上がるっていうのは力ですからね。だから凄いと思う。4分間の間。これからだと思います。でも私は今日でいいや。
僕はめっちゃくちゃおもしろかったですよ。でももう今日でいいですわ。でもそうかー、僕はかまいたちとジャルジャルの間の点数やったんですよね。(もう一本見てみたいというのは)あったんですけどね。
途中から聞くのやめたんですよ。ただ、なんだろう今の2本目の情報聞いたらすごいみたいんですよ。
なんなんですかあんたたちは。意味もまったくわからないんだけども、衝撃を受けましたね。もしかしたら変なやつが好きなのかもしれない。だからあのー、今ものすごいがっかりしてるのは、ネタが聞けないってことですよ。2本目にどんなネタがくるのか。だからM-1では敗退しましたけど私はあなたたちのことずっと追っかけますから。
途中からツッコミの布川君が、だれに対してみなさん待ってますよとかいちいち客席に同意求めてるのがおかしくなっちゃって。誰に対してこれ説明してんだろうって。
いやもうこれ評価が途中からわけわからんようなってきて。ただずっとみちお君の顔見てたら、この人普段怖いんやろなって。目の奥が壊そうやなって。
何点つけようかなってものすごい悩んだんですよ。会場はウケテてましたけどね。YouTubeで見た事あるんやけども、ほんまに見たんは今日が初めてで、あのー、変身して合体っていうところはおもしろいんでもっかい見たいと思うんですが、漫才としてはどうなのかなと思ってちょっと点数低めで申し訳ない。おもしろかったですけどね。

9. 霜降り明星

ネタ

豪華客船

審査員の点数

合計点:662点

審査員のコメント

うまいなあ!うまい!あのー、本業を初めてみたの。こないだ番組出ていただいて、その時も達者だったんですが本業どうだろうと思ってたらびっくりした。やるね!ミキより好きかも。
いやこれはもしかしたら優勝する可能性は(ある)。だってトロフィーのシルエットが2人のまんまなんですよ。
映画を見てるように全体を使って、これがまた年を取ったらまたおもしろくなるんだろうなって。
一番現代的でほどがいい漫才なんですよね。だからもう会場もひっくり返ってウケてて。お笑いに関係ないようなとんがった芸能人や文化人の人が彼らに食いつくかどうかっていう勝負でしょうね。大衆は君たちを支持するとは思います。
同じ芸人としておもしろいとかおもしろくないとかじゃなくて強弱でいえば強いんで二人とも。これはもう圧倒的に強い人間がやってるなと思った。吉本の宝だと思います。漫才協会に絶対入ってもらいたい。
せいやと粗品君が全部はまったなと。
最近の漫才、近代漫才というか、ツッコミの言葉の多さ。ボキャブラリーっていうんですか。それを粗品君が完全にやってる。皆さんせいやがボケて粗品がツッコむのを待ってるもん。次何言うんかな何言うんかな。ほんでみんなが思てることよりちょっと上のこと言うてるからどんどんどんどんはまっていって。最初から最後まで爆笑でしたね。良かったと思いますよ。

10. 和牛

ネタ

ゾンビになったら

審査員の点数

合計点:656

審査員のコメント

もう完璧でしょ。ゾンビになるかならへんかでようあんだけ突っ走って、発想の天才的なネタと落ち着いたベテランの域のしゃべくり。もう2作目聞きたい。
まあやっぱり安定感というか最後裏切らないねえ。ただ和牛としては1位で行く自信はあったんでしょうね。それはちょっとびっくりしましたけどね。
悔しかったですね。和牛が思ってるように見てしまいました。やられました。
ゾンビに「殺す」というワードが出てきて最初はすごい嫌な感じがしたんだけども、全体でものすごい品があるんですよね。品があるから「ゾンビ」と言おうが「殺す」と言おうが楽しく聞けるっていう。それはやっぱりお二方が持っている才能でしょうね。
毎年優勝候補って言われてるなかで、こんだけのネタを作ってきて、やる話術がすごいなって尊敬します。
毎年作品を見せていただいてるような感じで。ただ前半なんかおっきい笑いないと見てるこっちがドキドキしますね。最後あれだけウケるんで和牛だなと。
前半ちょっと心配でした。まあ毎回なんですけどね。大丈夫かなと思て。最後に大きな笑いなかったら僕90点もついてないのちがうかなと思たらドーン来ましたからね。やっぱり力なんでしょうね。しゃべりも軽快で聞きやすいし、やっぱりうまい。力がある。ようここまで来たと思います。

決勝ファーストラウンドの点数と順位

ファーストラウンドを終えての各コンビの点数と順位は下記のようになりました。

各コンビの順位と点数

1位:霜降り明星:662点
2位:和牛:656点
3位:ジャルジャル:648点
4位:ミキ:638点
5位:かまいたち:636点
6位:トム・ブラウン:633点
7位:スーパーマラドーナ:617点
8位:ギャロップ:614点
9位:見取り図:606点
10位:ゆにばーす:594点

最終決戦

1. ジャルジャル

ネタ

ジャルジャルです

2. 和牛

ネタ

オレオレ詐欺

3. 霜降り明星

ネタ

小学校の頃

最終決戦の結果

審査員の最後のコメント

もう最高でした。よかったね霜降り。迷ったんだけどね。
前半全体的に重かったじゃないですか。でも後半みんなチームプレーみたいな感じで漫才を盛り上げてくれてるのが、まあ…俺もうおっさんやなあ泣きそうなってるわ。ごめんなさいね。

まとめ

各コンビのネタの詳細や審査委員別の得点などはのちほどまた更新します。改めまして、霜降り明星さん、おめでとうございます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。