【その1】M-1グランプリ2018準決勝進出コンビ戦力分析!(からし蓮根・ニッポンの社長・マユリカ・霜降り明星・ダンビラムーチョ)

大阪は11月5日(月)、東京は11月6日(火)に行われましたM-1グランプリ2018準々決勝の結果が11月7日(水)に発表され、準決勝進出コンビ25組が決定いたしました。
この記事では、準決勝に進出する25組のコンビのうち、以下の5組について詳しく紹介いたします。
1. からし蓮根
2. ニッポンの社長
3. マユリカ
4. 霜降り明星
5. ダンビラムーチョ
「マヂカルラブリー、スーパーマラドーナ、トム・ブラウン、プラス・マイナス、侍スライス、和牛、アキナ、ミキ、ギャロップ、たくろう、見取り図、ウエストランド、インディアンス、かまいたち、ゆにばーす、三四郎、金属バット、さらば青春の光、東京ホテイソン、ジャルジャル」については下記記事をご覧ください。

【その5】M-1グランプリ2018準決勝進出コンビ戦力分析!(三四郎・金属バット・さらば青春の光・東京ホテイソン・ジャルジャル)

2018.11.12

【その4】M-1グランプリ2018準決勝進出コンビ戦力分析!(見取り図・ウエストランド・インディアンス・かまいたち・ゆにばーす)

2018.11.11

【その3】M-1グランプリ2018準決勝進出コンビ戦力分析!(和牛・アキナ・ミキ・ギャロップ・たくろう)

2018.11.10

【その2】M-1グランプリ2018準決勝進出コンビ戦力分析!(マヂカルラブリー・スーパーマラドーナ・トムブラウン・プラスマイナス・侍スライス)

2018.11.08

M-1グランプリ2018準決勝進出コンビ

エントリーNo.322 からし蓮根

伊織(いおり)
ボケ
1993年9月12日生まれ
熊本県出身

オール阪神・巨人のオール巨人さんが経営する店で働いており、関西のテレビ番組に出た際には、たびたびオール巨人に関するエピソードを話し、笑いをとっています。

 

杉本青空(すぎもと そら)
ツッコミ
1994年2月2日生まれ
熊本県出身

お金持ちの女社長と結婚され、ヒモであることを自らネタにされています。出身の熊本弁訛りの鋭いツッコミが特徴です。

結成年

2013年

実績

2013年:「ワラチャン! U-20お笑い日本一決定戦」決勝進出
2016年:「第37回今宮子供えびすマンザイ新人コンクール」優勝
2017年:「第38回ABCお笑いグランプリ」決勝進出
2017年:「M-1グランプリ2017」準決勝進出
2018年:「第39回ABCお笑いグランプリ」決勝進出
2018年:「第5回NHK新人お笑い大賞」本戦出場

ちなみに、「今宮子供えびすマンザイ新人コンクール」はかつてあのダウンタウンも優勝した大阪の大会です。その時のコンビ名はダウンタウンではなく、「松本・浜田」というそのままやんけのコンビ名でした。

評価

GYAO!で配信された「週刊!M-1最前線」という陣内智則さんMCの番組に、2017年チャンピオンのとろサーモン久保田さんが出演され、陣内さんに2018の注目コンビについて聞かれた際に、下記のようなやりとりをしています。

久保田「ノーマークですけど、からし蓮根ですね。おすすめします」
陣内「わかる。からし蓮根おもしろい。ボケの奴が場慣れしてきて、おもろいよね」

M-1決勝への展望

関西の番組ではちょこちょこ出ていますが、まだ全国的には無名のコンビです。ですが、上記のように既にとろサーモン久保田さんや陣内さんも認めるコンビですし、結成4年目ながら2017年のM-1でも準決勝まで勝ち進んでいるので、力は間違いございません。

伊織さんのボケが少し前まではもっと雑な感じがあったのですが、陣内さんのおっしゃるように場慣れしてきて、良い感じでチューニングすることを覚えられたような印象を受けます。

関西芸人以外の芸人が、出身地の方言をそのまま話すことはほとんどございませんが、からし蓮根は熊本弁で漫才をやります。特に杉本さんの熊本弁でのツッコミがとても鋭く新鮮で、おもしろいのです。

ただ、センスがあるがゆえに、おもしろいのに観客に伝わっていないツッコミがたまにあります。お客さんに必要なツッコミよりも、一段上のツッコミをしてしまうときがあるのです。これは3、4年前ぐらいの銀シャリの橋本さんもそうでした。それはセンスがあるがゆえにそうなってしまうのですが、おもしろさを失わずうまいことチューニングできれば、M-1決勝でも全然戦えるコンビだと思います。

エントリーNo.325 ニッポンの社長

辻(つじ)
1986年11月15日
京都府出身

ピン芸人として活動するときは「辻クラシック」と名乗ってらっしゃいます。板尾さんを彷彿とさせるひょうひょうとしたボケ方が特徴です。この空気感は誰もが出せるものではなく、ボケとしてのセンスを強烈に感じさせる芸人さんです。

 

ケツ
1990年6月11日生まれ
奈良県出身

趣味は歌の自作でギターが上手いです。「私うまく笑えなくて」が映画「QOQ」の挿入歌として使用されました。とてもいい曲で僕は好きです。

結成年

2013年

実績

2015年 M-1グランプリ準決勝進出。敗者復活戦出場。準々決勝敗退後、GYAOワイルドカード枠にて復活。
2016年 M-1グランプリ3回戦進出。
2017年 M-1グランプリ準々決勝進出。
2014年 キングオブコント2回戦進出。
2015年 キングオブコント2回戦進出。
2016年 キングオブコント準決勝進出。
2017年 キングオブコント準々決勝進出。
2018年 キングオブコント準決勝進出。
ytv漫才新人賞決勝進出 3位(選考会ROUND2 2位)

M-1決勝への展望

関西の番組でもまだあまり姿を見ることはありませんが、どちらかというとケツさんの方がテレビに出る機会は多いように思います。

ケツさんの必死な感じもおもしろいのですが、板尾さんを彷彿(ほうふつ)とさせる辻さんからにじみ出るセンスは何なのでしょうか。ああいったものは天性のものなのかある程度育むことが可能なのか。準決勝からは会場が東京になるので、東京のお客さんにどこまでハマるかというところでしょうか。

エントリーNo.334 マユリカ

中谷祐太
ツッコミ
1989年10月23日生まれ
兵庫県出身

元漫画家で絵がうまく、22歳のときに小学館の新人コミック大賞で佳作を受賞しています。声が通りやすく、ツッコミとしての総合力がとても高いです。

 

阪本匠伍(さかもと しょうご)
ボケ
1990年1月7日生まれ
兵庫県出身

根暗キャラということになっていますが、謎めいている部分も多いです。

結成年

2011年

実績

2017年 第2回上方漫才協会大賞 新人賞

評価

関西ローカルの「千原ジュニアの座王」という番組に何度か出演されていますし、和牛・アキナ・アインシュタインの「バツウケテイナー」にも出演されたりしていますが、関西でもまだそれほど多く見るわけではありません。ましてや全国では無名のコンビです。

M-1決勝への展望

3歳からの幼なじみということもあって、息ピッタリという感じがします。幼なじみだからか、学生時代という設定のネタをすることも多いです。ボケ阪本さんの独特のテンションと、ツッコミ中谷さんのキレのあるツッコミがハマれば決勝の可能性もあると思います。総合力が高いコンビです。

エントリーNo.349 霜降り明星

粗品
ツッコミ
1993年1月7日生まれ
大阪府出身

ツッコミとしての完成度は今回のM-1出場者の中でもトップレベルです。年末恒例の関西ローカル番組「オールザッツ漫才」では19歳の若さで優勝しています。ピンの時はフリップ芸を披露することが多いですが、その目の付け所とワードセンスは抜群です。

漫才の時はせいやさんのボケに対して「お前●●やないか!」というツッコミよりも先に、お客さんの方を向き、せいやさんのボケの説明や描写をする第3の人物のような存在を登場させた後で、改めてせいやさんに対してツッコむというスタイルが多いですが、このスタイル自体がなかなか斬新です。

激しくたたいてツッコむことは少なく、ペチっと優しくツッコむところに粗品さんの優しさが出ています。バラエティ番組においてひな壇で近くに座っていたゆりやんレトリィバァさんへのツッコみの仕方があまりに優しいのを見てファンになった女の子も少なくありません。

 

せいや
ボケ
1992年9月13日生まれ
大阪府出身

動きやものまねなどに非凡なものを持ったタイプのボケです。特に笑福亭仁鶴(しょうふくていにかく)の真似をするときは神がかっており、2017年のオールザッツ漫才でも、MCの小籔さんや千原ジュニアさんのフリにも神がかった返しを連発し、爆笑をとりました。

ボケとしてはちょっと苦しいかと思う時もあるのですが、相方の粗品さんの能力が非常に高いため、結構苦しいボケでもちゃんと成立させます。粗品さんのような非凡なツッコミを相方に持ったせいやさんは強運だと思います。

結成年

2013年

実績

2014年 THE MANZAI 準決勝進出(認定漫才師)
2016年 M-1グランプリ 準決勝進出
第38回ABCお笑いグランプリ 優勝
2017年 歌ネタ王決定戦 決勝進出
2017年 M-1グランプリ 準決勝進出
第7回ytv漫才新人賞 優勝

評価

関西ローカルではテレビでもよく見かけるようになりましたし、コンテストでも着実に結果を出してきているコンビです。ちなみにセブンルールという番組で、あの登美丘高校のakaneコーチが、「霜降り明星はすごい」と仰っていました。

他のコンビからすれば、決勝に来られたら嫌なコンビだと思います。ちなみに、ゆりやんレトリィバァさんは粗品さんのことを好きになり、その後せいやさんのことを好きになっています。

M-1決勝への展望

ボケ、ツッコミ両方とも個性があって能力が高く、どちらもピンでハイレベルなパフォーマンスができるので、コンビとしてハマれば爆発力は凄いと思います。2017年のM-1でも準決勝まで進みましたが、敗者復活ではいまいち能力が発揮できていなかったので、今年はストレートに決勝で見たいコンビです。

エントリーNo.746 ダンビラムーチョ

原田フニャオ(はらだ ふにゃお
ツッコミ
1989年5月19日生まれ
長野県出身

顔とツッコミ方がオードリーの若林さんに似ています。

 

大原優一(オオハラユウイチ)
ボケ
1989年11月6日生まれ
山梨県出身

小柄な体とちょっと高めのよく通る声、ぱっちりとした目で演じるおじさんの役がとてもおもしろく、癖になります。どの漫才もそのキャラクターを演じてるようになっているところがあるので、別のパターンも見てみたいと思わせてくれるボケです。

結成年

2010年

評価

まだ全国的には無名だと思います。ボケの大原さんのキャラクターがとてもおもしろいです。2人とも野球が好きなようで、YouTubeにチャンネルを持っており、野球部あるあるなどを投稿されています。
ダンビラムーチョのYouTubeチャンネル

M-1決勝への展望

ボケの大原さんのキャラクターがおもしろいのですが、逆に言うとちょっと同じキャラクターに頼りすぎているところがあり、まだネタの多彩さというところでは他のコンビに劣ると思います。

ただ、M-1のようなコンテストでは通常の力関係をひっくり返す、笑いの神様のイタズラのようなことが起きることがあります。そういう意味では大原さんのキャラクターが大きくハネる可能性があるので、決勝まで進むことができればおもしろい存在になると思います。

【その5】M-1グランプリ2018準決勝進出コンビ戦力分析!(三四郎・金属バット・さらば青春の光・東京ホテイソン・ジャルジャル)

2018.11.12

【その4】M-1グランプリ2018準決勝進出コンビ戦力分析!(見取り図・ウエストランド・インディアンス・かまいたち・ゆにばーす)

2018.11.11

【その3】M-1グランプリ2018準決勝進出コンビ戦力分析!(和牛・アキナ・ミキ・ギャロップ・たくろう)

2018.11.10

【その2】M-1グランプリ2018準決勝進出コンビ戦力分析!(マヂカルラブリー・スーパーマラドーナ・トムブラウン・プラスマイナス・侍スライス)

2018.11.08

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。