【第四回 上方漫才協会大賞 2019】大賞は見取り図!

2019年1月14日(月)に大阪のなんばグランド花月(NGK)で「第四回 上方漫才協会大賞」が行われました。M-1などの賞レースは優勝者1組を決める大会ですが、この「上方漫才協会大賞」は大賞の他にも様々な賞がございます。

この記事では、その「第四回 上方漫才協会大賞」について詳しく紹介いたします。

上方漫才協会大賞とは

上方漫才協会大賞(かみがたまんざいきょうかいたいしょう)は、上方漫才協会と吉本興業の主催で行われている演芸の賞。2014年12月1日のよしもと漫才劇場開館とともに発足された上方漫才協会に所属する芸歴おおよそ10年の若手漫才師を対象に、毎年1月に開催されている。舞台やメディアなどでの活躍を総合的な評価や、コンテスト形式をとった一般からの投票や芸人からの投票で選出する部門賞など様々な形で選出される。

(Wikipedia「上方漫才協会大賞」より)

ちなみに、毎年3月ごろに行われます「NHK上方漫才コンテスト」、4月ごろに行われます「上方漫才大賞」という名称のよく似た賞がありますが、それとはまた別の賞でございます。

【2019】第49回NHK上方漫才コンテスト優勝者は!

2019.02.16

「よしもと漫才劇場」は、以前は「5upよしもと」という名称で運営されておりましたが、リニューアルされ今の形になりました。第二回までは、よしもと漫才劇場所属の芸人だけが対象でしたが、「第三回 上方漫才協会大賞 2018」から、東京の渋谷にあります「ヨシモト∞(むげんだい)ホール」所属芸人も対象となりました。

M-1グランプリやキングオブコントなどは、その当日にネタバトルがガチで行われるという形ですが、上方漫才協会大賞はそのような感じではなく、サッカーで例えますと “Jリーグアウォーズ” のようなイメージでございます。ただし、新人賞だけは当日に行われるネタバトルで受賞者が決まります。

開催日時と開催場所

開催日時

2019年1月14日(月)
開場18:45/開演19:15

開催場所

大阪のなんばグランド花月(NGK)

放送日時と放送局

放送日時

去年と同じく、リアルタイムでは放送されませんでしたので、後日放送されます。放送日時は下記です。

「第四回 上方漫才協会大賞」の放送ではなく、大賞を受賞された見取り図の特番「見取り図の平成遺産ビンゴ」が放送されることになったようです。

2019年2月4日(月)深夜1:01~2:06

放送局

読売テレビ

司会とアシスタント

司会とアシスタントは下記の通りです。

司会

ハイヒール・リンゴ

アシスタント

かまいたち

ちなみに、かまいたちのお二人はこの「上方漫才協会大賞」を受賞したことはございません。

そもそもこの賞が出来たのが2014年と最近ですのでタイミングが合わなかったというのもあると思います。一方でかまいたちの同期であるアインシュタイン・河井さんは、第一回 の「上方漫才協会大賞」の大賞を “アインシュタイン” として受賞しておられます。

上方漫才協会大賞の各賞について

大賞は「見取り図」!

大賞の選考方法

各分野での1年間の活躍、上方漫才への貢献などあらゆる視点で各分野のプロデューサーが2018年活躍した芸人を対象に推薦し、選ばれノミネートされた58組の芸人の中から上方漫才協会大賞審査会で審査され、大賞の1組が決定されます。

大賞は見取り図!

大賞は見取り図に決定いたしました。大賞受賞者の見取り図は、当日にネタを披露されました。
それにしても見取り図はM-1グランプリ2018で決勝進出、オールザッツ漫才2018でも優勝、そして上方漫才協会大賞で大賞受賞と波が来ているような感じがしますね。この勢いでM-1グランプリ2019も期待してしまいます。

ちなみに、大賞にノミネートされていた芸人は以下の通りです。

大賞ノミネート芸人

大賞にノミネートされていた芸人は以下の58組です。最初に述べましたように、2018年の「第三回 上方漫才協会大賞」からは、「よしもと漫才劇場」所属の芸人だけでなく、東京の渋谷にありますヨシモト∞ホール所属の芸人も対象とされノミネートされております。

よしもと漫才劇場所属芸人
ジュリエッタ
タナからイケダ
祇園
ラフ次元
ヘンダーソン
見取り図
ダブルアート
ツートライブ
プリマ旦那
ロングコートダディ
マルセイユ
霜降り明星
ネイビーズアフロ
さや香
なにわスワンキーズ
ミキ
からし蓮根
コウテイ
ラニーノーズ
きんめ鯛
ちからこぶ
たくろう
フースーヤ
守谷日和
爆ノ介
シゲカズです
濱田祐太郎
ゆりやんレトリィバァ
ヨシモト∞ホール所属芸人
おかずクラブ
ニューヨーク
デニス
ダンビラムーチョ
しゃかりき
ランパンプス
マテンロウ
鬼越トマホーク
バビロン
やさしいズ
スクールゾーン
ラフレクラン
サンシャイン
空気階段
ワラバランス
ゲオルギー
ガーリィレコード
ゆにばーす
ナイチンゲールダンス
いまさらジャンプ
バニラボックス
ネイチャーバーガー
魔人無骨
世間知らズ
レインボー
EXIT
横澤夏子
西村ヒロチョ
ひょっこりはん
おばたのお兄さん

新人賞は「エンペラー」!

新人賞の選考方法

芸歴8年目以下の芸人が対象となります。2018年の1年間のネタバトル成績をもとに選出された6組が当日にネタバトルを行い、新人賞が決定いたします。

新人賞は「エンペラー」!

新人賞はエンペラーに決定いたしました。エンペラーさん、おめでとうございます!ちなみに、新人賞にノミネートされていた芸人は以下の6組です。

新人賞にノミネートされた芸人

新人賞にノミネートされた芸人は以下の6組です。

よしもと漫才劇場所属芸人
エンペラー
からし蓮根
コウテイ
ヨシモト∞ホール所属芸人
ひょっこりはん
EXIT
魔人無骨

話題賞は「よしもと漫才劇場」!

話題賞の選考方法

2018年の1年間を通して各メディアで話題となる活動を積極的に行い、漫才の発展に貢献した芸人が審査会で1名決定され、受賞いたします。

受賞者は当日に発表されました。

話題賞は「よしもと漫才劇場」!

選考方法は、漫才の発展に貢献した芸人1名ということでしたが、受賞者はまさかの「よしもと漫才劇場」という劇場でございました。収容数300の劇場で年間30万人動員ですからすごい動員数です。受賞にふさわしいのではないでしょうか。

文芸部門賞は「ツートライブ」、「ジソンシン」、「ダンビラムーチョ」、「ロングコートダディ」、「なにわスワンキーズ」!

文芸部門賞の選考方法

ネタの台本、表現力や見せ方など文芸部の視点で特に優れた芸人が審査会でノミネート者が決定され、受賞いたします。

受賞者は当日発表され、受賞芸人は当日にネタを披露されました。

文芸部門賞は「ツートライブ」、「ジソンシン」、「ダンビラムーチョ」、「ロングコートダディ」、「なにわスワンキーズ」!

文芸部門賞は「ツートライブ」、「ジソンシン」、「ダンビラムーチョ」、「ロングコートダディ」、「なにわスワンキーズ」の5組に決定いたしました。

ちなみに、ツートライブの「たかのり」さんとジソンシンの酒井さんは以前ルームシェアをされていました。

ダンビラムーチョはM-1グランプリ2018では準決勝まで進出しております。ロングコートダディは堂前さんが絶好調で、「座王」という番組で大喜利のうまさを見せつけ、MCの千原ジュニアさんが絶賛しております。

なにわスワンキーズもそれぞれに個性があるおもしろいトリオですし、ネタはまだ粗削りですがキングオブコントでも期待したいトリオです。2018年はトリオの「ハナコ」が優勝されていますしね。

個人的には、ニッポンの社長・辻さん同様、ジソンシンの酒井さんは芸人として独特の雰囲気を持っている方ですので、2019年はキングオブコントやM-1グランプリなどのメジャーな大会に食い込んで世間の目に触れてほしいコンビでございます。

特別賞は「霜降り明星」!

特別賞にはM-1グランプリ2018でM-1史上最年少で優勝した霜降り明星が選ばれました。先日の「すべらない話」での粗品さんの話術も素晴らしかったですし、M-1の時に審査員の塙さんも仰っておりましたが、このコンビはどちらも個が強く、今後も化け続ける可能性をビンビン感じるコンビでございます。

2019年の霜降り明星はお忙しくなると思いますが、どんどん新ネタが見たいコンビです。

男前ランキング

男前ランキングの決定方法

男前ランキングは、事前にお客さんにアンケートを実施し、その投票結果を元に順位が決定されました。得票ランキングは当日のコーナーで発表され、以下のような結果となりました。

男前ランキング

男前ランキング

1位 アインシュタイン 河井
2位 祇園 木崎
3位 トット 多田
4位 トット 桑原
5位 ラニーノーズ 洲崎
6位 さや香 新山
7位 ジュリエッタ 井尻
8位 からし蓮根 青空
9位 ネイビーズアフロ 皆川
10位 祇園 櫻井

トットはコンビで3位、4位です。祇園のお二人も2位と10位にコンビで入っております。アインシュタインのように男前とブサイクのコンビは昔から割といるものですが、どちらも男前というのはモダンな感じがいたします。ジュリエッタの井尻さんも増毛の効果があってか、先日ライブでお見掛けした時には本当に男前でございました。

ブサイクランキング

ブサイクランキングの決定方法

ブサイクランキングも男前ランキングと同様に、事前にお客さんにアンケートを実施し、その投票結果を元に順位が決定されました。得票ランキングは当日のコーナーで発表され、以下の結果となりました。

ブサイクランキング

ブサイクランキング

1位 アインシュタイン 稲田
2位 中山女子短期大学
3位 ニッポンの社長 ケツ
4位 シカゴ実業 中川
5位 てんしとあくま かんざき
6位 いなかのくるま ちろる
7位 マユリカ 中谷
8位 なにわスワンキーズ こじまラテ
9位 祇園 木崎
10位 ミキ 昴生

アインシュタインがコンビで男前ランキングとブサイクランキングの1位を独占する結果となりました。男前ランキングで2位の木崎さんはブサイクランキングでも9位に入るなど大暴れ。いなかのくるまの「ちろる」さんは可愛らしい方なのにナゼ?といった感じですが、ナイスバディをお持ちですので、おそらくほぼ女性の嫉妬票だと思います(笑)。

「東京よしもと漫才劇場」オープン!

会長の中田カウスさんは、吉本興業が「東京よしもと漫才劇場」を2019年内にオープンさせることを発表されました。「埋もれた才能が世に出るチャンスを作りたい」という意図だそうです。

M-1グランプリ2018で優勝した霜降り明星も、大阪の「よしもと漫才劇場」で腕を磨いてチャンピオンになられましたので、今後は東京から第二の霜降り明星が出てくるかもしれません。

まとめ

上方漫才協会大賞は、M-1グランプリやキングオブコントなどとは違い、お正月の雰囲気のままのんびりした雰囲気で見られるようなイベントでございます。会長の中田カウス師匠が大賞を取った見取り図について、「人柄が出ている」と評したところも、上方漫才協会大賞らしいコメントだと思います。

緊張感のあるガチガチの賞レースもいいものですが、上方漫才協会大賞のまた違ったテイストもまたいいものでございます。

大賞を取った見取り図も波に乗っていますし、アインシュタインも男前ランキング・ブサイクランキングを独占、稲田さんは先日の「すべらない話」でMVSを受賞と、こちらも2019年に爆発しそうな雰囲気が漂っております。

2019年もお笑いから目が離せません。

8 件のコメント

    • さーたん様コメントありがとうございます!今後も記事をアップいたしますので、またご覧くださいませ!

    • ようすけ様ご指摘ありがとうございます。
      上方漫才協会大賞の模様をそのまま放送するのではなく、大賞を受賞した見取り図の特番が放送されることになったようでございます。
      2月4日(月)深夜1:01~2:06の日時で、番組名は「見取り図の平成遺産ビンゴ」となっております。
      放送局は読売テレビです。
      放送は月曜深夜ですので日付としては2月5日(火)となりますので、どうぞお間違いないようにしてください。
      記事の方も修正いたします。

      • 詳しく書いてくださり、ありがとうございました!
        上方漫才協会大賞の放送すごく楽しみにしていたのでとてもとても残念です
        見たかったです
        見取り図の特番は録画できました!
        今後も放送の予定はないのでしょうか

        • ようすけ様、お気持ちわかります。
          見取り図さんは今ノリにノッておりますし、その他にも見どころはたくさんございましたので、放送されず残念です。
          当初アナウンスされていた上方漫才協会大賞の放送が、見取り図さんの特番に変わったということは、やはり放送はないのではと推察いたします。
          実際、現在のところ放送の予定はないようでございます。
          しかし、春にはお笑いコンテストが他にもございますので、引き続き当ブログで紹介してゆきます。
          ぜひご覧くださいませ。
          見取り図さん、ひとまずビンゴ達成出来て何よりでございます(笑)。

          • 見たい気持ちがおさまりませんが(笑)とりあえず他の賞レースの放送を楽しみに仕事頑張ります!
            2月、3月は読売テレビもNHKもありますよね??

            また記事楽しみに待っておりますのでよろしくお願いします(>ω<)

          • ようすけ様、
            そうですね。NHKも読売もありますしR-1もございますので、
            ことのほか春はお笑い日和の季節でございますね。
            思い切り楽しんでまいりましょう!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。